風楽奏斗の前世は誰?好き嫌いや炎上の理由・パクリ疑惑についても


2022年7月13日に「にじさんじ」からライバーデビューした風楽奏斗さん。
現在ではボーカルユニット「VOLTACTION」のリーダーを務めるほか、ゲーム実況者としても高い人気を誇ります。
テンポの良い雑談配信などは見ていて飽きませんよね。
そんな人気者の風楽奏斗さんの前世は誰なのか。また、好き嫌いの評価が分かれる理由や、過去の炎上騒動・パクリ疑惑についても調べてみました。

風楽奏斗の前世は誰

現在のところ、風楽奏斗さんの前世は判明していません(2024年6月現在)。
Vtuverといえば必ず話題にのぼるのが前世(中の人)。
特定のきっかけになり易いのが、前世の引退時期です。
多くの場合、中の人はVtuberデビューの3~6か月前に『前世』としての活動を引退。
冷却期間を置いた上で、Vtuberとしての再デビューに臨みます。
(実際、この調査方法でVOLTACTIONメンバーの渡会雲雀さんの前世は、歌い手のレくさんであることが判明しています。)
渡会雲雀の前世はレく?誕生日や年齢・身長についても解説

風楽さんについても、デビュー数か月前に突然引退した歌い手などから調査を試みたファンが多かったのですが…
目ぼしい情報は見つからずに終わっています。

そんななかで、まことしやかに囁かれているのが『飲食関係の起業家なのでは?』という噂。
噂の発端となったのがVOLTACTIONメンバーとしての経歴です。
VOLTACIONメンバーの4名は、”グループ加入前の職業”と”加入後の仕事”をもっています。
一覧表にまとめると…

メンバー名 VOLTACTION加入前の仕事 VOLTACTION加入後の仕事
風楽奏斗 マフィア一家の息子 カフェやレストランを経営する青年実業家
セラフダズルガーデン 暗〇が生業の家系 カフェのアルバイト
渡会雲雀 怪盗一家の跡取り BLEACH、推しの子
四季凪アキラ 代々続く諜報員一家に生まれた腕利きの元・諜報員。 蜂の巣の駆除から刺客の排除まで請け負う請負人(という名のなんでも屋)

どのメンバーもVOLTACTION加入前の仕事は、かなり世間離れしている印象。
一方で、風楽さんとセラフさんについては、加入後の仕事が飲食関係とかなり庶民的な生業です。
そんなわけで、「実は中の人の本業をそのままプロフィールに引用しているのでは」という噂が広まった次第でした。
『風楽奏斗の前世=飲食関係の起業家』という説も、あながち間違いではないのかもしれません。

ちなみに、四季凪さんとセラフさんは、VOLTACTIONデビュー後に『Room4S』を結成。コンビユニットとしても活動しています。風楽さんとセラフには”カフェ”という共通点がありますから、VOLTACTION内で新たなコンビが結成されると面白いですね。

スポンサーリンク


風楽奏斗の好き嫌いが分かれたり炎上した理由は?

正式デビュー以降、VOLTACTIONリーダーとして多くのファンを集めてきた風楽さん。
代表的なYoutuber評価サイトである『好き嫌い.com』によれば
風楽奏斗さんの好き:嫌いの比率は、70:30(2024年6月現在)。
圧倒的多数の視聴者が「好き」と回答していました。

一方、ファンから応援のメッセージが寄せられるかたわらで、批判的な意見が書き込まれることもあったようです。
過去にはプチ炎上が発生したこともありました。

炎上事件の一つが、風楽さんのガチ恋勢に対するコメント。
ファンのコメントに呼応する形で「ごめんなさい(ガチ恋勢は)〇んでもろて。いったんね」と返したところ
”言葉選びがひどすぎる”として、掲示板で叩かれたことがありました。

”炎上”とはいえ、発言の前後を見返してみるとライブ配信中の軽口であることは明らか。
リスナーを誹謗中傷するような意図ではなかったことから、比較的早く鎮静化しました。

同じようなプチ炎上は他にも。
配信中に「VAROLANTをSSDに入れると、敵よりほんの少し早くピークできる」
「(ビタミン剤を飲む前に治っていた口内炎について)雲雀には”これ飲んだら口内炎治ったんだよね!”と教えた」など

聞いていれば軽い冗談だと分かるウソですが、真に受けたリスナーからクレームを寄せられたことも。
ただ、これらも雑談の一種であることは明らかなので、大きな炎上騒動にはなりませんでした。

コメントを見ていても”友達と話してるみたいな気さくな会話が楽しい”と感想を書く方もいれば、”真面目に見ようと思っていたのに、勢いとノリだけで押し切るトークが残念”とがっかりしたトーンのコメントを寄せる方も見受けられました。リスナー全員を喜ばせることは難しいという、Vtuberの仕事の奥深さが垣間見えてきますね。

ちなみに、今回調査した限り、他のインフルエンサーで見かけるような女性問題や金銭問題は一切見当たりませんでした。
ファンとは恋仲にならないと公言している通り、風楽さんはオフィシャルとプライベートをしっかり切り分けされている様子です。

気さくでありながら根は真面目。そんな風楽さんのお人柄があればこそ、これだけ多くのファンを獲得できたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


風楽奏斗にパクリ疑惑があった?

風楽奏斗さんについて、ときおり見かけるのが「動画が他の人のパクリ」というコメント。
こちらも調べてみましたが、風楽奏斗さんの過去動画に、いわゆる”剽窃”にあたるような作品は見つかりませんでした。
にもかかわらず「パクリ」の噂が立ったのはなぜでしょう?
調べてみると、これにも理由がありました。

風楽さんが動画にあげるのがゲーム実況。
歌ってみた系動画にならぶ、『風楽奏斗 / Fura Kanato』の看板コンテンツです。
特に風楽さんが頻繁に取り扱うのが『VALORANT』というFPS。
こうしたゲームでのプレイ内容が、”他のゲーム実況者のプレイを模倣している”と批判されることがあったようです。

VALORANTなどのFPSで視聴者が盛り上がるのが、実況者のテクニックを駆使したスーパープレイ。
例えば『BATTLEFIELD』のRendeZookなどが有名です。

RendeZookはStun_gravyさんによって編み出されたスーパープレイ。空中戦の途中でワザと自分の戦闘機から脱出。追いついた敵機をバズーカで撃墜し、宙返りしてきた自分の戦闘機に再度乗り込むという職人技です。Stun_gravyさんの母語であるフランス語の「遭遇」を意味する”Rendezvous”と、「バズーカ砲」”Bazooka”を合体させた造語として定着しました。

Stun_gravyさんが『BATTLEFIELD3』でこの技に成功。世界に向けて発信したところ、後継作の『Battlefield2042』では公式テイザーにも取り入れられるほど盛り上がりを見せました。

(動画の3:02あたりで繰り出される技がRendeZook。画面の左下で大喜びする男性が、RendeZook発明者のStun_gravyさんです。)
こうした動画で見られるように、ゲーム配信業界では誰かがスーパープレイを発案すると、そのプレイヤーに敬意を表するのがお作法となっています。

風楽奏斗さんもFPSのゲーム配信をしたところ、どうやら意図せず”スーパープレイ”を再現。
技の発案者を知る一部のリスナーが”発案者にお礼の一言もいわずに、勝手に他人のワザをパクるのは如何なものか?”と苦言を呈する一面があったようです。
とはいえ、スーパープレイは手品やかくし芸に似たもの。
それ自体に著作物性は認められないので、技を再現した風楽さんの動画が、盗用や剽窃に該当する訳ではありません。

『パクリ』とまで断定するのは早計に思えますね。

スポンサーリンク


風楽奏斗の前世は誰?好き嫌いや炎上の理由・パクリ疑惑について まとめ

この記事では、風楽奏斗さんの前世は誰か。
また、巷で好き嫌いの評価が分かれている理由や、過去の炎上。パクリ疑惑についても調べてみました。
最後に、今回調査して分かったことをまとめてみようと思います。

  • 風楽奏斗さんの前世は判明していません(2024年6月現在)。ただ、Vtuberとしてのプロフィールから、飲食関係の実業家では?とも噂されています。
  • 気さくな雑談配信で時には冗談も口にする風楽さん。”友達のようで親しみやすい”と好意的にとらえるリスナーもいれば、”言葉が乱暴”と否定的にとらえる視聴者も。このあたりが好き嫌いの評価が分かれる理由のようです。巷間の掲示板では、風楽に対する肯定的な意見が多数を占めていました。 
  • 風楽さんに対するパクリ疑惑は、ゲーム配信動画に対して向けられたもの。どうやら、他のゲーム実況者発案の技を、風楽さんが意図せず再現。元ネタを知る視聴者の中には、不快感を感じて批判的なコメントを記入したリスナーもいたようです。楽曲や動画内容の剽窃・盗用ではなかったため、現在はパクリ騒動は鎮静化している模様です。

2024年6月には個人チャンネルでも21万人の登録者を達成した風楽奏斗さん。
これからもVOLTACTIONのリーダーとして素敵な動画を配信していってほしいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。