渡会雲雀の前世はレく?誕生日や年齢・身長についても解説


2021年11月1日に、にじさんじのVTAアカデミー1期生としてデビューした渡会雲雀さん。
所属するVtuberユニット『VOLTACTION』も最新シングル『Watercolor』がiTunesでランキング3位に入賞するなど、ノリにノッているVtuberです。
そんな渡会雲雀さんには、デビュー以来”中の人は歌い手のレくでは?”という噂が絶えません。
お二人とも少しかすれた話し声など共通点がありますよね。
この記事では、『渡会雲雀の前世=レく』といわれる3つの理由や、誕生日や年齢、身長など渡会雲雀さんのプロフィールについても探ってみました。

渡会雲雀の前世はレく?


デビューのたびに前世が話題になるのがVtuber
渡会雲雀さんの前世は、歌い手の「レく」というのがもっぱらの噂です。

レくさんは2014年2月に『レくチャンネル』というYoutubeチャンネルを開設。
2020年に『The First Step』で開催されたアンチジョーカー杯で優勝するなど、当時から歌唱力の高さには定評がありました。

総勢179人の中から見事優勝の栄誉を勝ち取りました!

ときには他の歌い手さんのMIXを担当するなど、最盛期はYoutubeの再生回数も単月で1.3万回再生を誇ったレくさん。
ですが、2021年8月に突如「無期限活動休止」を発表。
それ以降、Youtubeチャンネルの更新が止まり、これまで投稿されていた動画も全て削除されました。

 2024年4月現在は、Youtubeチャンネルだけでなく、レく名義で運営されていたSNS等も全て更新が止まっています。アカウント自体は残っているので、ご本人発表の通り「活動休止」が続いている(引退した訳ではない)のが正しい解釈なのではないでしょうか。

現在でもネット上ではアーカイブ(魚拓)が残っているため、レくさんの素顔を見ることもできます。


出典:レくチャンネル

レくさんも前髪を額の右側で分けているなど、渡会雲雀との共通点が垣間見えますね。

スポンサーリンク


渡会雲雀の前世がレくと特定された理由は?


そんななか、レくさんと入れ替わるように登場したのがVtuberの渡会雲雀さんでした。
渡会雲雀の前世がレくといわれているのは、主に3つの理由から。

渡会雲雀とレくの声が似ている

渡会雲雀=レくという根拠の筆頭候補が、二人の声が似ていること。
Vtuberの前世としては、ありがちな理由ですね。

こちらがレくさんの声

こちらが渡会雲雀さんの声

低音から高音まで、音の厚みが変わらない伸びのある歌声が特徴です。

 ”少しかすれた低音がたまらない”という女性ファンも多いのでは。

歌声だけでなく、普段の話し声も似ている渡会雲雀さんとレくさん。
レくさんが渡会雲雀さんの前世という噂にも納得ですね。

ちなみに、渡会雲雀さんと同じくVOLTACTIONに所属する四季凪アキラさんは素敵な低音ボイスの持ち主。
四季凪も前世については様々な噂が飛びかっています。
四季凪アキラの前世は誰?好き嫌いの理由・炎上・年齢についても調査

渡会雲雀もレくも楽曲のMIXが得意

「渡会雲雀=レく」という噂の根拠の2つめが、MIXが得意という二人の共通点。

MIXとはミキシングの略称。録音された複数音源のバランスや音色を調整する作業で、楽曲の完成度を高める職人芸です。

現在でもXで検索すると、数々の歌い手さんがレくさんのミキシングに感謝の言葉を綴ったポストが見受けられます。
有名無名を問わず数々の歌い手さんの楽曲を手掛けてきたレくさん。

渡会雲雀名義で活動している現在も沢山の方から応援されているのも、レく時代に培ってきた飾り気のないお人柄と人望の賜物かもしれませんね。

レくの休止・渡会雲雀のデビューが近い

渡会雲雀の中の人=レく、という説の3つ目の理由が、お二人の活動休止・開始時期が近しいこと。
通常、歌い手がVtuberとして再デビューする際は3~6か月程度時間をおくのが一般的。

引退直後に再デビューすると、同一人物であることがあからさま。一方で時間が開きすぎると、”声質”に対する世間の需要が薄まってしまいます。それまでのファンとの引退セレモニー、そこから新たにVtuberとして再デビューするための準備期間を考えると、3~6か月程度のクッション期間を置くのが一般的というのも頷けますね。

レくさんは2021年8月29日に活動休止を発表。
その後、VTAアカデミー1期生として渡会雲雀さんがデビューしたのが2021年11月1日でした(Youtubeでの初登場は11月5日)。

歌い手⇒Vtuberへの転身の法則通り、約3ヶ月経ってからの再登場ということで、それまでのレくファンを騒がせました。
さらに噂に拍車をかけたのが、VTAアカデミー1期生の募集時期。
こちらの募集期間が2011年6月だったこともあり、”Vtuberデビューが決まったから、レくさんは急遽『活動休止』することに決めたのでは?”という噂も飛び交いました。

スポンサーリンク


渡会雲雀の年齢は何歳?誕生日はいつ?


渡会雲雀さんの誕生日は2001年9月23日。年齢は22歳です(2024年5月現在)。
こちらは誕生日のライブ配信でご本人がお話しされていました。

ちなみに、中の人であるレくさんの誕生日は1997年10月25日。現在の年齢は26歳です(2024年5月現在)。
渡会雲雀さんよりも4つ年上なんですね。

渡会雲雀さんも「二度目の21歳を謳歌できたら」と配信の中でお話しされていました。

渡会雲雀の身長は何センチ


渡会雲雀さんの身長は183cm。自動販売機と同じくらいの背丈だそうです。
こちらは同じVOLTACTIONメンバーのセラフ・ダズルガーデンさんの配信で明らかになりました。

家庭用冷蔵庫よりも高いそうですから、かなりの大柄ですね。
ちなみに、高身長の人は声帯も長く、低音から高音ま幅広い音域で声が割れないのだとか。
数々のファンを魅了してきた歌声も、渡会の高身長によるものかもしれませんね。

渡会雲雀は炎上した?


2024年5月にはチャンネル登録者数41万人を達成した渡会さん。
(所属するVOLTACTIONの登録者数が24万人ですから、渡会さんの人気ぶりがうかがえますね。)
有名になると何かしらの炎上騒動に巻き込まれるのがYoutuberという職業の悲しい宿命でしょうか。
渡会さんも過去に『炎上』を経験されていました。

スポンサーリンク


デビュー自体が”炎上”だった

渡会さんが経験した1つ目の炎上が、『渡会雲雀』としてのデビュー。
デビュー自体が炎上という、インフルエンサーとしては少し不憫な生い立ちです。

炎上のきっかけは、中の人であるレくさんの『活動休止』にまで遡ります。
上記の通り、レくさんが活動休止したのが2011年8月31日。その発表が8月29日でした。
活動休止の予告から実際の休止までが僅か2日あまりだったことから、ファンも困惑。
特にコアなファンほど”はしごを外された感”を強く感じてしまったようです。

そのためか、同年11月1日にVOLTACTIONとしての活動が発表されると、『裏切られた』『レくファンとしては素直に喜べません』といったコメントやツイートが殺到。
デビューと同日に炎上も発生してしまうという、少し気の毒な騒動でした。
その後の渡会さんの地道な活動、またお人柄もあり現在は人気も回復。この炎上騒動も鎮静化しています。

VOLTACTIONのメンバーの炎上に巻き込まれた

渡会さんが経験した2つ目の炎上が、同じVOLTACTIONメンバーの四季凪アキラさんの炎上に巻き込まれたこと。
四季凪さんは初配信でBL好きを公言するなど、”キャラが立っている”メンバーとして有名。自作小説を披露するなど、コアなファンを集めてきました。

そんな四季凪さんが『懺悔配信』という名目で、視聴者のエピソードを募集・発表するという企画を行ったことがありました。
内容的に一部のファンに大ウケしたものの、赤裸々な告白に戸惑う視聴者も多かった模様。
結果として、同じくVTA1期生として活動していた渡会さんにも炎上の火の粉が飛び火したことがあったようです。

渡会さんからすれば、完全なもらい事故。理不尽といえばあまりにも理不尽な炎上騒動でした。

結局、渡会さん自身の発言がきっかけで起きた『炎上』は見つかりませんでした。
それだけに少し気の毒なエピソードです。
こうした炎上にもめげず、地道にVtuberとして活動を続けてきた渡会さんの努力家ぶりには本当に頭がさがりますね。

渡会雲雀の前世はレく?誕生日や年齢・身長 まとめ


この記事では、渡会雲雀さんの前世といわれるレくさんの誕生日や年齢、身長について調べてみました。
今回調査して分かった情報を、まとめてみます。

  • 『Vtuber渡会雲雀さんの前世は、歌い手のレくさん』というのがファンの間での通説。①声が似ている、②MIXが得意という二人の共通点のほか、③レくさんの活動休止時期と渡会雲雀としての再デビュー時期が近い、という理由もありました。
  • 渡会雲雀さんの誕生日は2001年9月23日。一方で、レくさんの誕生日は1997年10月25日。レくさんの方が4つ年上です。また、身長は183cmとかなりの高身長であることが判明しています。
  • 渡会雲雀さんは過去に炎上騒動に巻き込まれたこともありますが、全てもらい事故的なもの。渡会さんご自身の失言や過失などによる炎上は見つかりませんでした。
  • デビューからわずか3年余りでチャンネル登録者数40万人超えを達成した渡会雲雀さん。
    今後の活躍が楽しみなVtuberさんですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    error: このコンテンツのコピーは禁止されています。